支笏湖漁業協同組合:北海道千歳市支笏湖:ヒメマスの増殖事業:自然環境保全


支笏湖漁業協同組合 > ヒメマスについて

ヒメマスについて

ヒメマスとは

知ってるようで知らなかった、鱒(マス)や姫鱒(ヒメマス)に関する雑学豆知識あれこれをご紹介します。

ヒメマスとは

ヒメマスとは

ヒメマスの稚魚

ヒメマス(姫鱒、Oncorhynchus nerka)は、サケ目サケ科の淡水魚。ベニザケの湖沼残留型。

1904年(明治42年)、北海道庁水産課職員により命名されました。北海道ではアイヌ語で「薄い魚」を意味するカパチェプ(kapacep)のうちの魚を意味するチェプ(cep)が訛った「チップ」の名でも呼ばれています。
貧栄養状態の10℃から15℃程度の低温を好み、全長は20- 30cmで最大で50cm前後までに成長することもあります。
産卵期は9月から11月で、動物プランクトンのボスミナ類、ミジンコ類やユスリカ幼虫などを餌として成長します。


ヒメマスの季節

支笏湖の解禁期間は6月~8月。
旬は5月から7月で、刺身、ルイベ、塩焼などでおいしく食べられます。

ヒメマス釣りのエサ

ヒメマスの釣り餌はイクラ・エビ・紅サシなど。

また、ヒメマス独特の仕掛けを使ったヒメトロなどのレイクトローリング(ルアーなどの漁具を使用した釣法)で狙うこともできる。

鱒・ヒメマスのカロリーと栄養

鱒・ヒメマスのカロリーと栄養

鱒は鮭同様に総合的に栄養価の高い魚です。100gあたり約154カロリーで、さんまやイワシ、サバよりもカロリーが低く、EPAやDHA、良質なたんぱく質や魚にはあまり含まれないビタミンAが豊富に含まれています。

身の赤い色素はアスタキサンチンと呼ばれるカロチン色素のためで、鮭・鱒に特有の抗酸化物質です。
さらに海産物としては珍しいビタミンDも多く含まれます。
これらの他にも、ビタミンB1、B2、ナイアシン、脂質、ミネラルなどがバランス良く含まれたスタミナ食といえます。


鱒の種類

マス(鱒)は、サケ目サケ科に属し、日本語名に「マス」がつく魚、または日本で一般にサケ類(ベニザケ、シロザケ、キングサーモン等)と呼ばれる魚以外のサケ科の魚をまとめた総称。タイヘイヨウサケ属、タイセイヨウサケ属、イワナ属、コクチマス属、イトウ属の魚を含みます。

ヒメマスはタイヘイヨウサケ属に属します。

なお、日本で最も漁獲量が多いマスはカラフトマスであり、サケ類の中でも鮭の次に多い。鮭缶の原料もこの魚です。

鮭と鱒の違い

結論から言いますと、生物学的に明確な区分はありません。

サケという名の魚はいますが、「ます」というのはサクラマス、カラフトマス、ニジマスなど複数の魚を総称しており、かつ、そのますと称される魚だけに共通するようなサケとの違いはありません。 英語では「サーモン」と「トラウト」という呼び方がありますが、欧米では海に降りるものをサーモン、川など淡水で生活するものをトラウトとしている場合が多く、近年は日本でもサーモン=さけ、トラウト=ますと認識している例も一部でみられるようです。

日本でなぜサケとマスという呼び分けができたかについて一説を紹介します。

日本で昔からそ上が見られたさけ・ますはサケとサクラマスであり、当時はサケとマスで区別には十分でした。
しかし蝦夷地の開拓が進むと道東方面に別種のさけ・ますが分布しており、サクラマスとカラフトマスという呼び分けが必要になりました。

さらに北洋さけ・ます漁業が始まると日本には分布しないものも漁獲され、漁業者はそれらをベニマス、ギンマスなどと呼び分けました。
この時点ではサケだけが特別で、その他はすべて○○マスで統一されていました。しかしながら、流通させるに当たってマスよりサケの方が高級イメージがあったので、ベニザケ、ギンザケという呼び名で販売されるようになり、それが定着して今日に至っているということです。

ヒメマスが食べられるお店

支笏湖に生息する「ヒメマス(姫鱒)」は地元では「チップ」の愛称で親しまれております。鱒科の淡水魚で美しいピンク色の身は刺身でも焼いても美味。またご当地グルメの新名物「アキヒメ温玉ライス」はお子様や女性に大人気です。お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。 掲載内容は各お店からのデータをそのまま掲載しております。なお、提供しているヒメマス料理や提供期間など詳細に付きましては各お店にお問い合わせ下さい。
丸駒温泉旅館 レストラン駒草
ヒメマスが食べられるお店 大正4年創業「丸駒温泉旅館」1階、支笏湖を一望するレストラン。季節により内容が異なる四季御膳やヒメマス料理、温泉玉子を載せたブラックカレーも名物です。
  • TEL:0123-25-2341
  • 千歳市支笏湖幌美内7
  • 11:00~16:30(LO16:00)
  • 無休
  • 80席
  • 専用無料駐車場有り

民宿・お食事 支笏荘
ヒメマスが食べられるお店 二代60年続く民宿・お食事処。先代であるお父さんの味を引き継ぐ味噌ラーメンには長年にわたるファンが多い。
  • TEL:0123-25-2718
  • 千歳市支笏湖温泉
  • 11:00~18:00(LO16:00)
  • 不定
  • 40席
  • 支笏湖駐車場利用

支笏湖第一寶亭留 翠山亭 草庵
ヒメマスが食べられるお店 ヒメマス料理「アキヒメ温玉ライス」だけではなく、十割そばも有名なレストラン。本格的な和食に料理人が創った料理の旨みはお口の中に広がります。そば通の方はぜひ一度お試しください。
  • TEL:0123-25-2323
  • 営業時間 11:00~15:00
  • 定休日なし
  • 席数 テーブル40席、座敷20席
  • 駐車場有 屋外25台

メメール
ヒメマスが食べられるお店 支笏湖温泉商店街にある「丸駒温泉旅館」直営店。 落ち着いた雰囲気で飲食を楽しめるbar(バル)と、軽食やドリンクなどテイクアウトもできる開放的なスペースのbuffet(ビュッフェ)に分かれており、北海道産の牛乳や新鮮な果物を素材としたジェラートがおすすめです。
  • TEL:0123-25-2731
  • 千歳市支笏湖温泉
  • 10:00~17:30/10:00~18:00(GW期間)テイクアウトコーナー9:00~17:00
  • 無休
  • 30席
  • 支笏湖畔駐車場利用

しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩
ヒメマスが食べられるお店 レストラン「アマム」では、彩り豊かなヘルシービュッフェ、料理茶屋「天の謌」では、贅沢な和食会席をご用意してます。 どちらも、新鮮な野菜や魚介など北海道ならではの味覚を満喫できます。
  • TEL:0123-25-2211
  • 千歳市支笏湖温泉
  • 「アマム」11:30~14:00(二部制) 「料理茶屋 天の謌」11:30~14:00 (完全予約制/受付13:30まで)
  • 無休/駐車場有

食事処 寿
ヒメマスが食べられるお店 冷凍ものヒメマスは一切使わないという徹底ぶりのヒメマス料理専門店。寿司のほか、フライやマリネなどが一度に味わえるオリジナル寿司セットがおすすめです。
  • TEL:0123-25-2642
  • 千歳市支笏湖温泉
  • 10:00~20:00
  • 支笏湖畔駐車場利用無休(11月下旬~4月上旬は休業)
  • 駐車場有

休暇村支笏湖
ヒメマスが食べられるお店 休暇村本館1Fにあるレストラン。 [朝食]はバイキング(朝食膳相談可)、[昼食]は季節の籠盛り膳や支笏湖ご当地グルメ「アキヒメ温玉ライス」等、[夕食]は北海道の旬な食材で一品一品丁寧に作り上げた和会席と3段階に分かれてます。
  • TEL:0123-25-2201
  • 千歳市支笏湖温泉
  • [朝食]7:30~9:00[昼食]12:00~13:30[夕食]17:30~20:00
  • 無休
  • 支笏湖畔駐車場利用

(株)支笏湖観光センター
ヒメマスが食べられるお店 店主自ら釣った新鮮な天然ヒメマスをリーズナブルな価格でご提供!
「絶品ヒメマス定食」や「とろける刺身定食」、「ヒメマス風干し定食」がおススメ!
  • TEL:0123-25-2041
  • 千歳市幌美内
  • 9:00~18:00
  • 無休(11月~3月CLOSE)
  • 店内32席 テラス60席
  • 無料駐車場有




TOP