支笏湖漁業協同組合:北海道千歳市支笏湖:ヒメマスの増殖事業:自然環境保全


トピックス

全件表示一覧

ヒメマス(支笏湖チップ)の検卵作業始まる

掲載日:2021.12.24

今シーズン最初の淘汰検卵作業が12月24日始まりました。今年の親魚回帰数は記録的に少なく、来春の放流数を辛くも確保できた程度のため、一粒たりとも無駄には出来ません。今回の作業は11月4日に採卵した卵で、作業はまずザルに広 […]

詳細を見る

漁協前の防波堤整備工事完成

掲載日:2021.12.16

2018年度から4年計画で進められてきた支笏湖ヒメマスふ化場防波堤整備工事がほぼ完成したことから、12月14日に山口千歳市長ほか関係者が視察に訪れました。                                  […]

詳細を見る

支笏湖漁協 支笏湖チップ勉強会を開催

掲載日:2021.12.08

今年のヒメマス釣りは、シーズン中の釣獲数・秋の親魚捕獲数とも近年では最低レベルに終わってしまいました。そこで今後の対応等について検討するため、漁協主催による”支笏湖チップ勉強会”を12月3日支笏湖ビジターセンターで開催し […]

詳細を見る

漁協職員 接遇を学ぶ

掲載日:2021.12.07

支笏湖漁協では職員や一部組合員を対象に、千歳観光連盟から外部講師を招いての接遇研修を12月3日当漁協で行いました。 これは当漁協が来年度本格実施する、環境省の「国立公園・温泉地等でのツアー・ワーケーション推進事業」の一環 […]

詳細を見る

支笏湖利用新ルール策定へ 漁協も一役

掲載日:2021.12.01

支笏湖地域では現在、地域の観光事業者や行政機関などにより、水辺利用に関するローカルルールの策定作業を進めています(道新2021.11.30)。 支笏湖漁協では湖上での機動力を生かして、このローカルルール策定に向けた基礎デ […]

詳細を見る

支笏湖小学校児童、飼育のヒメマスを放流

掲載日:2021.11.26

支笏湖小学校では、児童が昨年秋に当漁協での採卵・受精作業体験を経て発眼させた卵を校内の水槽で約10か月間飼育してきました。 その稚魚約40匹が10㌢前後に成長したので11月24日4年生2名が支笏湖に放流しました。 子ども […]

詳細を見る

ヒメマス(支笏湖チップ)の採卵・受精作業体験

掲載日:2021.11.16

例年この時期の恒例行事となっている支笏湖小学校児童によるヒメマスの採卵・受精作業体験が11月12日行われました。 この採卵・受精作業は支笏湖漁協にとって重要な作業の一つで、親魚となって戻ってきたヒメマスの雌から卵を採取し […]

詳細を見る

ナツカシコツコ展にヒメマス定置網模型を展示中

掲載日:2021.11.12

支笏湖畔商店街の飲食店”メメール”2階で支笏湖の昔の姿を物語る貴重な写真を集めた写真展”ナツカシコツコ展が開催されています。 その一角には支笏湖チップコーナーを設け明治20年代のふ化場や昭和30年代のチップ釣 […]

詳細を見る


千歳市議会観光議員連盟による視察団来訪

掲載日:2021.11.04

千歳市議会観光議員連盟(会長:坂野智、会員21名)がヒメマス親魚の回帰状況等を視察するため当漁協を訪れました。 今年は、親魚の回帰数が例年に比べて少なく来春の放流数(18万5千匹)をようやく確保できる見通しであることの説 […]

詳細を見る


TOP