支笏湖漁業協同組合:北海道千歳市支笏湖:ヒメマスの増殖事業:自然環境保全


支笏湖漁業協同組合 > 支笏湖について

支笏湖について

支笏湖の基本情報

支笏湖の基本情報 支笏洞爺国立公園に属するカルデラ湖で、長径13キロメートル、短径5キロメートルのほぼ東西に長いマユ型をしており、周囲約40キロメートル、最大深度約360メートル、平均水深約265メートルのきれいな湖です。
秋田県の田沢湖に次ぐ、日本で2番目の深度を誇り「巨大な水がめ」と形容されます。
ちなみに湖底は海面より約115メートルも下に位置しているということになるので驚きです。水温は年間を通して非常に低いですが、その深さゆえ厳冬期にも凍ることはなく「日本最北の不凍湖」となっております。深い原生林に囲まれ、静けさのなか、四季折々の美しい景観を見せてくれます。

面積 78.4 km2
最大水深 363.0 m
貯水量 20.9 km3
成因 カルデラ湖
湖沼型 極貧栄養湖【※】
周囲長 40.4 km
平均水深 265.4 m
水面の標高 247 m
淡水・汽水 淡水
透明度 17.5 m

【※】極貧栄養湖(Extreme oligotrophic)とは?
上記の貧栄養湖基準を大きく下回る湖を、特に極貧栄養湖と呼ぶことがある。OECDの基準では、リン濃度が 4.0mg/m3以下、クロロフィルa濃度が平均1.0mg/m3以下、最高値が2.5mg/m3以下、透明度が平均12m以上、 最低値が6.0m以上に該当する湖を指す。日本では、摩周湖や倶多楽湖、本栖湖などが該当する。

支笏湖周辺地図

支笏湖環境物語

自然環境を守りたい場所

支笏湖は、湖沼として、その水質で全国上位にランクされる面積約78平方キロメートルの深さ約360メートルのカルデラ湖です。
昭和24年に洞爺湖とともに自然公園法に基づく国立公園の指定を受け、今日まで周辺の自然を保護しながら、多くの方々に観光利用されてきました。市が行う千歳市民へのアンケート結果では、自然環境を守りたい場所としてランクされます。
晴れた日には、湖面の色が変わることもあります。
支笏湖は、樽前山や恵庭岳をはじめとする周辺の火山活動によりできたカルデラ湖であり、深さも秋田県の田沢湖に次ぐ全国2位の深さとあって、落ち込みも激しいです。 いきなり湖底が見えなくなります。
夕暮時には、右の写真のような支笏湖に沈む夕陽の幻想的な光景に癒されます。
自然環境は、人の健康(心のリフレッシュなど)を守るという役割もあります。
支笏湖環境物語
支笏湖環境物語

支笏湖周辺自然の写真

支笏湖で見ることのできる景色や植物、動物たちの写真です。
支笏湖周辺自然
支笏湖周辺自然
支笏湖周辺自然
支笏湖周辺自然
支笏湖周辺自然
支笏湖周辺自然
支笏湖周辺自然
支笏湖周辺自然




TOP